不動産売却についての基礎知識!
信頼できる不動産会社で売却する!

「家を売却したい」「住み替えをしたい」「今の家は売れるか」「何から始めたら良いのか」など、不動産売却に関して色々思っている方は多いです。家を売る経験は滅多にないので、不安な点もありますよね。ここでは、不動産売却についての基礎知識をお届けします。是非、不動産売却の参考にして下さい。

そもそも不動産売却とは?

不動産売却期間について

不動産売却が完了するまでにかかる時間は、通常約3ヶ月~半年といわれています。媒介契約期間が3ヶ月なので、大体どこの不動産会社も3ヶ月以内に不動産売却価格を設定します。こうして売却期間に幅がある理由には、売却不動産内容によって期間というのは変わってくるからです。たとえば、マンションの場合、早ければ約1ヶ月程度で売却が完了するケースもあります。売却価格は売主に決定権がありますが、売りし価格が高くなると良い不動産で無い限りは、売却までに時間がかかることもあります。買い手が上手く見つからなければ、長引きます。しかし、不動産売却において多くの場合、スピーディーに売却できることは少ないので、半年程度は売却完了に時間を要すると思っておきましょう。

不動産売却の流れについて

まずは、不動産売却を行う前に、不動産価格を把握することが大切です。その理由は、そうでなければ不動産売却の販売価格を設定することができないからです。不動産価格を把握するためには、不動産会社で査定依頼するのがおすすめです。この際、複数の不動産会社に査定依頼をするのがポイントです。各不動産会社で査定方法にも違いがあるので、査定価格に関してもそれぞれ異なるからです。また、自分自身でも不動産の相場価格をリサーチしておくのがおすすめです。リサーチ方法には、過去に似たような条件の物件がどの位の価格で売出しに出ていたのかを確認しましょう。国土交通省運営の土地総合情報システムで、不動産取引価格情報検索でリサーチ可能です。他にも、不動産一括査定サイトを利用して相場を知る方法もあります。

こうして、複数の不動産会社で販売査定をしてもらった後、仲介を依頼する不動産会社を選んで媒介契約を結びます。専任媒介契約の場合、1社に一般媒介契約であれば複数社依頼が可能で、契約後、不動産が売り出しされます。売り出しされた不動産に購入希望者がいると、売却条件交渉を行い、交渉がまとまれば売買契約を結びます。契約する際には、物件価格の10〜20%を手付金で受け取るのが一般的となっています。その後、買い主に不動産を引き渡し残りの代金をもらって、各種登記申請を行う形になります。

不動産売り出し前に押さえておくポイントとは?

売却相場をリサーチする時

不動産売却では、不動産会社に価格査定依頼を行い売却活動します。しかし、価格査定前には、自分でも売却相場リサーチはとても大切です。売却相場をリサーチするには、周辺の類似物件の価格調査、周辺の過去取引データ、公的価格など、複数データを見ながら比較することがポイントです。不動産価格には明確な決まりはないので、なるべく多角的にリサーチし、その平均を取る姿勢が売却価格で大切です。

不動産査定してもらう時

不動産査定してもらう際には、必ず相見積もりを取るのがおすすめです。もちろん、これまでに何度も不動産売却の経験があれば、信頼できる1社で査定をしてもOKです。しかし、大半の方はそうではなく、有名だから近くにあるからなど理由で、1社だけで査定依頼する方は多いです。依頼した不動産会社が、不動産を高値売却してサービスも良いのか、或いは、仲介手数料を手っ取り早く取ることだけが目的なのか、一社では判断はつかないものです。また、価格査定を受けた際には、口頭ではなく査定書をもらうようにして下さい。口頭のみで媒介契約を促す会社との契約は避けましょう。査定価格提示の際には、必ず書面で出してもらい、出せない会社は候補から外しましょう。

不動産会社で上手く契約するコツ

不動産会社を選ぶ際には、複数社を比較検討してから選ぶようにしょう。1社に依頼して決定せず、何社か見て比較しながら最も良い不動産会社を選ぶのが失敗しないコツです。査定依頼する際、大手不動産会社を真っ先に思い浮かべるかと思いますが、物件の立地やターゲット層で地域密着型の不動産会社の方が良いこともあります。不動産会社を比較する際、大手に固執せずに中小の不動産会社も一緒に検討をするのが良いです。そして、媒介契約を結ぶ際に気を付けることがあります。不動産会社を選んで媒介契約する際には、媒介契約の種類に注意が必要です。

媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。一般媒介契約というのは、同時に複数の不動産会社と媒介契約を締結できますが、専任媒介契約と専属専任媒介契約に関しては1社契約のみとなっており、特徴が異なります。不動産会社側からすると、専任媒介契約や専属専任媒介契約の方が仲介手数料をもらえる可能性が高く、専任や専属専任での契約希望が普通です。しかし、まだ不動産会社が決定していない場合、一般媒介契約で契約するのがおすすめです。

不動産会社選びのポイントとは?

信頼できる担当者を見つける

なるべく不動産売却をスムーズに進めていくには、信頼できる不動産会社が重要です。不動産会社は家を売るプロであり、今までに何度も不動産売却を経験しています。なので、不動産のどんな部分が魅力であるかを分かっており、そこを買い手に上手く伝えてくれます。そして、どのような手順で売却を進めればスムーズであるか把握しています。自分でリサーチすることも大切ですが、不動産会社の担当者に聞いて解決できることは色々あります。ですが、どの不動産会社でも売却をスムーズに行えるワケではありません。信頼できる優秀な担当者を見つけることが重要です。不動産というのは、それぞれ立地や状況などが異なっており、同じ家などありませんよね。そのため、それぞれの家に合った売却方法やアピールポイントを知るには、知識や経験が必要なのです。

優秀な担当者を見極めるポイント

信頼できる不動産会社、優秀な担当者を見つけるには、不動産会社を比較することが大切です。チェックすべきポイントには、主に3挙げられます。まず一つ目は、対応の早さです。 不動産会社の担当者の対応の早さというのは、やる気の表れでもあります。その姿勢でも、売却したい不動産を「売れる」と担当者が思っているか、見ることができる要素になります。また、自分が聞いたことへの対応、迅速な予定調整ども、それだけ余裕がある証拠でもあり誠実な姿勢と受け取ることができます。余裕ある担当者というのは、視野を広く持つことができるので、緊急事態時にもしっかり対応してもらえる安心感にも繋がります。メール返信や電話の折り返しなども、素早い対応がされているかも大切です。次に2つ目は、知識の豊富さです。

建築素材、周辺知識情報、税金制度など、不動産の知識が豊富な担当者は重要です。最善の売却方法や買い手へのアピールポイントなど、的確な戦略を立てることができるからです。査定結果理由や周辺地域について質問し、しっかり受け答えがされていれば知識が豊富である証拠とも言えます。そして3つ目は、相性の良さです。 売り手と担当者の相性の良さもというのも、不動産売却をすすめていく上では重要です。相性の良い担当者であれば、細かな質問もできて円滑に進めて行くことができます。しかし、相性の悪い担当者では、売却可能なタイミングを逃してしまうこともあります。やりやすいと感じる相性の良さも大切なポイントです。

まとめ

不動産売却についての基礎知識をお届けしてきましたが、いかがでしたか?不動産売却の流れや注意点など参考になりましたか?ここでおつたえした売却する前に押さえておきたいポイントを踏まえて、信頼できる不動産会社で上手に売却をしましょう。